年をとると薄毛と体臭に悩むようになる

年をとると薄毛と体臭に悩むようになる

年をとると悩みも増えます。

 

今、は薄毛と体臭に関して悩んでいます。そこで育毛剤とわきが対策について調べてみました。

 

市販されている育毛剤には色々な配合成分があります。

 

育毛剤の配合成分で最も有名なものがミノキシジルです。ミノキシジルは医療機関での薄毛治療にも利用されている医薬品成分で大手の製薬会社から発売されている育毛剤に配合されており、テレビコマーシャルなどで宣伝されている商品です。

 

しかし、インターネットの口コミサイトやランキングサイトを検索してみて内容を見てみると、そのミノキシジルが配合された育毛剤が必ずしも人気上位というわけではありません。ドラッグストアーなどで見かけないようないわゆるインターネット通販のみで購入できるような育毛剤が口コミサイトやランキングサイトで人気になっていることが少なくありません。

 

インターネット通販のみで販売されている人気のあるといわれている育毛剤を見てみると大抵の育毛剤が育毛に有効な独自の配合成分を含んでいます。その配合成分がどのくらい薄毛や育毛に効果があるのかは、育毛剤を製造しているメーカーや販売している販売会社のデーターが公開されていることが多いですが、そのようなデーターはほとんどがミノキシジルとの効果の比較になっています。ミノキシジルに比べて効果が高いとか、ミノキシジルと同等の効果があるとかがデーターからわかるようになっています。

 

そのデーターをどう見るかによってその育毛剤の信頼性に関わってきますが、ミノキシジルのような信頼性の高い研究ではないことだけは確かなようです。ただし、信頼性が薄いからといってもその配合成分が効果がないのかといえばその判断は簡単ではありません。口コミサイトやランキングサイトを見ると効果があったと思われるような口コミが多数ありますし、効果が少ないという口コミもあるからです。

 

すでに評価が確立されていると考えていいミノキシジルが配合された育毛剤を選ぶか、実績はないものの新しい成分が配合された育毛剤がいいのかは使い人の考え方次第といってもいいでしょう。

 

チャップアップはこちら

 

他人の迷惑を想像して匂い防止に努めてほしい

 

体臭って聞くと「臭い」とか「嫌な匂い」とかイメージしてしまいますよね。でも実際は動物が生きていくためには必要不可欠な物でもあるのです。

 

人間から離れて考えてみると、動物の繁殖には本当に重要な機能でもある訳です。自分が発する匂いで異性にアピールしている動物は数えられないほど多く存在していると思います。
そしてその動物たちは、個性を主張するために個々の匂いを持っています。つまり自分を他の雄や雌と差別化しているわけですよね。私は勝手に個臭とよんでいます。その言葉が有るか無いかはわかりませんが。

 

植物でもありそうですね。花は植物の種類によって様々な色や形があります。そして香りもその種類の数だけ存在します。その理由は昆虫に花粉を運んでもらって受精するために、ほかの植物と差別化して競争しています。

 

では人間はどうなのでしょうか?。人間にも人それぞれの体臭があります。人種によっても体臭が強い人種と弱い人種が存在します。
日本人はどちらかと言うと、体臭の弱い人種だと言う説があります。

 

では異性にアピールする目的で出ている体臭は何かと言うと、わきがの匂いがそれに当てはまるようです。

 

私は「そんな馬鹿な」と思っていました。特に男性から出ているあの悪臭が、異性に好まれる匂いなんて信じられなかったのです。
でも何人かの女性に機会があったので尋ねました。その結果以外や以外、別に嫌な匂いじゃないと答えた女性が少数では無かったのです。本当に驚きでした。
中にはその匂いを嗅ぐとドキドキしてくると言う女性もいましたし、自分的に予想外の結果でした。

 

でも男性のわきが臭は、男性からすると迷惑千万と私は感じています。特に現代では。
私以外の男性でもそう考えてる人は少なからず居ると思います。

 

社会は男女の人口が約半数づつです。男性しか居ない職場も多くある訳ですから、わきが臭はフェロモンだ!などど変な見解を持たずに他人の迷惑を想像して匂い防止に努めてほしいですよね。

 

ラポマインはこちら